首のイボ アクロコルドン

首のイボ 「アクロコルドン」特徴とできる原因、そして対処法について

あまり見た目が良くなく 嬉しくない首周りのポツポツ。 年齢を重ねるごとに現れたこのポツポツした首のイボは 「アクロコルドン」かもしれません。

 

20代から発症することがあるのですが 30代から発症率が高くなり 中年以降になると発症率はグッと高まります。 女性や肥満の人に多いとも言われています。 

 

 

【首のイボ、アクロコルドンの特徴は?】

 

首のイボの中でも小さくあまり目立たないアクロコルドンですが、他にどんな特徴があるのか見ていきたいと思います。

 

まずアクロコルドンは3mm以下と 首のイボの中では一番小さいものなのですが 多発しやすいのが特徴です。 首やデコルテ、脇のあたりなど柔らかい皮膚にできやすく 徐々に増えていきます。 また 突起などはなく平らで 色も肌色のものや褐色が多く あまり目立ちません。 痛みや痒みのような症状もほぼありませんが たまに 服やアクセサリーで擦れて炎症が生じたり 不快感を覚える方がいらっしゃるようです。

 

【アクロコルドンができる原因は?】

 

肌の細胞が生まれ変わる周期は28日で ターンオーバーが正常に行われているうちはいいのですが 加齢でターンオーバーが上手くいかなくなると 古くなった角質がきちんと排出されずに塊になり それが原因で 首のイボ、アクロコルドンができてしまいます。

 

主に加齢が原因ですが 他にも紫外線や摩擦、遺伝や生活習慣など様々な要因が関係しています。 年を重ねるとともに 増えていってしまいますので 数が少ないうちに対処しておきたいですね!

 

【アクロコルドンの対処法は?】

 

<自宅でセルフケア>

 

自宅で出来るケアとしては イボに効果があると言われているハトムギに含まれているヨクイニンという成分を摂取する、 首のイボ専用のジェルやクリームを使用する、です。

 

ヨクイニンを摂取するには ハトムギ茶を飲んだり 薬局でヨクイニン成分の錠剤などが販売されているので それらを摂取することもできます。 クリームやジェルにも ハトムギ成分が含まれたものが販売されています。 それらを毎日の肌のケアに取り入れることもできます。 クリームやジェルなどは保湿成分や美容成分も配合されたものもあるので 肌の状態を整えることで 首のイボを作りにくい肌質に改善でき首のイボを予防することにも繋がります。

 

<病院で治療>

 

病院でもアクロコルドンは治療することができます。 病院での治療は主に 液体窒素で凍結治療、簡単な手術、レーザー治療の3種類です。

 

凍結治療は 液体窒素で首のイボを一気に冷やし凍結させて取り除きます。 一週間から二週間でかさぶたになり消えていきますが 治療に痛みが伴い 色素沈着で痕の残りやすい治療法です。

 

手術は局所麻酔で ハサミや高周波メスを使って首のイボを切除する方法です。

 

レーザー治療は 炭酸レーザーで 一瞬で首のイボを焼き切ります。 局所麻酔で痛みもなく痕ものこりません。 綺麗な仕上がりにこだわるなら レーザーでの治療が良いかもしれません。

 

どの治療法にもメリット・デメリットがあり また、保険適用されるかされないかの違いもあるので 担当の医師によく相談することをお勧めします。

 

>>首のイボに効く化粧品ランキングはこちら

関連ページ

首のイボはどうやって病院で治療するの? 治療法や費用を解説!
できてしまった首のイボは病院で治せるのでしょうか? 病院での首のイボの治療ってどんなものがあるのか、費用はいくらかかるのか。 気になる首のイボの病院での治療法をまとめました。