首のイボ 病院

首のイボはどうやって病院で治療するの? 治療法や費用などの疑問解消

年齢を重ねるとともに ポツポツとできてしまった首のイボ。 首のイボがあるとどうしても老けて見えてしま

 

いますし できている事に気がついた時って 結構ショックなんですよね。

 

体質や生活習慣によっては 20代の頃からできてしまう人もいるのですが やっぱり「加齢」によってでき

 

る事が多いですし できることなら取ってしまたいですですよね。

 

さて、首のイボの直し方には いろいろな民間療法やドラッグストアなどで販売されている薬や首のイボ

 

対策用の美容品での治療などがあります。 自己治療で完治する人もたくさんいますが 体質やイボの

 

大きさ、数によっては 自分で治療するのは難しい場合もあります。 また時間がかかる事も多いです。

 

なので 首のイボを早く治したい、しっかりと治してしまいたい、という方は病院で治療してもらうのがいい

 

でしょう。 イボの数が多いと 病院での治療にお金も時間もかかってしまいます。 首のイボが増える前

 

に確実に治してしまいたいですね。

 

【病院での治療方法】

 

病院での首のイボの治療ですが、 どんな治療があるのか、値段はいくらぐらいするのか、保険が利くのか

 

、この辺りが気になるところですよね。 保険が利かないと支払いに大きな差が出てしまい なんだか損し

 

た気分になってしまうのですが・・・。

 

首のイボの治療にも 保険が適応される治療法とされない治療法があります。 

 

<液体窒素での凍結治療>

 

液体窒素を使った治療は 保険が適応される治療法です!

 

約―200度の液体窒素を含ませた綿棒で 首のイボを冷やし凍結させます。 凍結した後はカサブタに

 

なって取れるのですが 一回の治療で全てを取り除くことは難しく 何度か病院に通うのが普通のようで

 

す。 また、麻酔を使わずに治療するので 人によっては相当な痛みが伴います。

 

もう一つデメリットは 治療後色素沈着してしまう可能性がある、ということ。 首や顔などの目立つとこ

 

ろに痕が残ってしまうのはできれば避けたいですよね。 治療費は イボの数にもよりますが 一回の通

 

院で2000円前後になることが多いようです。 他の治療に比べて治療費は安いかもしれませんが デメ

 

リットも考え 担当の医師とよく相談してから決めることが必要ですね。

 

<レーザーでの治療>

 

こちらは保険が適応されない治療法です!

 

炭酸ガスレーザーで首のイボの中の水分を一気に蒸発させ イボをを取り除きますが 局所麻酔を使う

 

ので 治療に痛みはありません。 治療後 カサブタとなったところが取れると下から綺麗な肌が出てきま

 

す。

 

レーザーなのでピンポイントで治療ができ、痕も残らないので 仕上がりを気にする方はレーザーでの治

 

療をお勧めします。 デメリットは値段が高いこと。 イボの大きさや数によって値段は変わりますし、病

 

院によってもバラつきがあります。 大抵は10000〜50000円くらいになることが多いようです。

 

 

【医師としっかり相談、納得のいく方法で!】

 

病院でどちらの治療を選ぶにしても デメリットがあります。 納得できるまでしっかりと医師に相談してく

 

ださいね。

 

また、顔や手足にできたイボを まとめて「イボ」と呼んで 全て同じようなものだと思ってらっしゃる方が多

 

いのですが イボにも種類があります。 大抵の首のイボは 加齢が原因のものですが イボにはウイルス

 

性のものもあるので 病院で確かめてもらってくださいね!

 

>>首のイボに効く化粧品ランキングはこちら

関連ページ

首のイボ 「アクロコルドン」 特徴とできる原因について
ポツポツとした首のイボはアクロコルドンかも? 首のイボ、アクロコルドンの特徴とできる原因、そしてその対処法は? 首のイボ、アクロコルドンについて調べました。